大 中 小 文字サイズ
| ログイン|English

コネクタ

QNSコネクタの電力定格シミュレーション

IMS Connector Systems によるコネクタの開発事例です。電力定格に関連する熱シミュレーションを電磁界と熱のコシミュレーションにより行い、結果を測定結果と比較しました。本事例はIMS Connector SystemsのRoland Baur氏のご厚意と許諾により掲載します。

シミュレーションを活用した高速マルチピンコネクタの設計フロー

バックプレーン用コネクタERmet zeroXTの設計フローの事例です。いくつもの設計ステージにCST MW STUDIOのシミュレーションを用いて、基本的な設計パラメータの定義や通信システム全体の特性の予測を行いました。

高速伝送用マルチピンコネクタ実装における基板のVIAの影響

基板の多極コネクタについて、ピン挿入孔のビア長が高速伝送に与える影響をCST MW STUDIOで解析します。解析の結果、長いビアはクロストークを誘発することが判明しました。また、ビア断面の電磁界フィールドの観察で多くの寄生的な電磁界が存在することも確認し、その影響を最小にするプリント基板のデザインルールを制定する成果をあげることができました。(英語)

SMAコネクタのSI解析と等価回路

物理的な手法に基づきSMAコネクタの等価回路モデルを抽出した事例です。多層基板の上面にはんだ付けされたコネクタについて、シミュレーションソフトウェアを使用してSパラメータを計算し、等価回路を抽出します。これを使用して回路レベルのシミュレーションを行い、フルウェイブシミュレーションの結果と比較します。(英語)

RJ45 コネクタのシグナルインテグリティ問題

North East Systems Associates(米、マサチューセッツ)による RJ45 コネクタのシミュレーション事例です。 Pro/E®からインポートしたRJ45コネクタモデルをCST MW STUDIO時間領域ソルバーで計算します。計算したTDR波形を測定結果と比較しました。

このサイトの記載内容の著作権は株式会社エーイーティーまたは情報提供者に帰属しています。記事や写真等のコンテンツ、データなどは、私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。私的利用の範囲を超えるご使用の場合は、当社の承諾が必要な場合があります。

〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-7-6
TEL:044-980-0505(代表) FAX:044-980-1515
総合お問合わせ:info@aetjapan.com URL:http://www.aetjapan.com