大 中 小 文字サイズ
| ログイン|English

人体/SAR

MRI装置の3D磁場シミュレーションとスピン応答シミュレーション

最新のMRI装置の設計では、人体とMRIコイルの相互作用が新たな課題となります。装置が生成する均一な磁場は、内部構造が複雑で不均質な人体によって乱されます。スキャン領域の電磁エネルギーは人体に吸収され、有害な発熱作用を起こすおそれがあります。このような作用の効果を測定するのは難しく、測定不能な場合も珍しくありません。本資料では、上記の効果を特定する方法として、コイルと人体モデルを使用した3Dシミュレーションによる数値解析を提示し、その要点と課題を説明します。

解剖学的人体モデルによるインプラントアンテナの評価

解剖学的人体モデルを使用したシミュレーションによりインプラントアンテナの性能評価を行った事例です。精緻な人体モデルの使用により、簡易モデルでは得られない正確なデータが得られます。

携帯端末のアンテナ性能

電気通信分野の開発設計は、消費者の要求に応えようと努力を重ねる間に長足の進歩を遂げました。シミュレーションはその設計フローで重要性を増し、アンテナレベルに留まらず環境レベルにおいても不可欠なツールとなっています。本事例では携帯端末設計の各段階においてシミュレーションと測定を行い、結果を比較しました。

肝臓のRF温熱切除療法における温度の影響

肝臓がんの温熱療法を人体モデルとカテーテルモデルで模擬し、人体組織内部の加熱を計算した事例です。時間領域ソルバーを使用して電磁界分布を計算した後、熱ソルバーを使用して誘導電流を熱源とする熱シミュレーションを行います。

進行波を利用した全身MRIシステムの解析と設計

OvG University MagdeburgのTim Herrmann、Johannes Mallow両氏によるプレゼンテーション。非侵襲の検査方法であるMRIの検査確率を高めるために、標準的な磁場 (1.5T-3T)より強力な7Tという超高磁場(UHF)システムが構築されています。超高磁場で問題となるB1磁場不均一の解決策として採用された進行波の概念に基づき、全身MRIシステムの解析と実測が実施されました。(英語)

MRI用RFコイルの設計

Max Delbrück Center (MDC)の超高磁場施設では核磁気共鳴画像法(MRI)に用いるRFコイルの設計にCST MWSを利用しました。形状サイズをパラメーター化したコイルモデルとITISが提供する人体モデル“Virtual Family“を組み合わせて解析を行い、磁界分布とSARに対して最適なコイル形状を求めました。(英語)

自動車の乗客が受ける400MHz電磁波の影響

自動車に使用されるトランスミッタは、電磁波とEMCの両方の点で乗客の健康と安全を脅かす可能性があります。自動車EMCに関する指令(2004/104/EC)によって自動車メーカーは、EMCを損わない周波数、電力、アンテナ位置を明確に示すように要求されています。TLMソルバーを使用したオートモティブ シミュレーションの事例をご紹介します。(英語)

MRI検査の診療技士が受ける磁場の影響

MRI検査の診療技士が受ける影響をシミュレーションにより解析した事例です。傾斜磁場コイルから一定の距離に人体voxelモデルを配置し、CST MW STUDIOの時間領域ソルバーを使用して計算を行います。(英語)

人体頭部と MRI コイルの電磁界/SAR 計算

RFヘッドコイルで励起される4ポート構造(11.7T / 500MHz )と高精細人体モデル(HUGO)による、均一磁場とSARの解析事例です。この事例はXavier Hanus氏と共同研究者(CEA Saclay, 仏)のご厚意と許諾を得て掲載します。

人体頭部と手と携帯端末のシミュレーション

SAMファントムのような人体頭部モデルを使用する携帯端末のシミュレーションは現在では日常的に行われ、端末の性能を確認すると同時に、SAR基準コンプライアンスのチェックのために使用されています。とはいえ電磁界に大きな影響を及ぼすのは頭部だけではありません。Sony Ericsson製の携帯端末について、CADインポートモデルにSAMファントムの頭部と手を組み合わせて、現実的な使用状況を模擬した事例です。

HUGO人体モデル

HUGOは解剖学的データに基づく人体組織データセットです。CST STUDIO SUITE のダイアログで組織を選択してインポートし、医療応用やSARの解析に使用することができます。

SAR - 球体ファントムモデル

人体をファントムモデルで模擬することがあります。人体頭部を標準の球体ファントムで表現した事例です。

このサイトの記載内容の著作権は株式会社エーイーティーまたは情報提供者に帰属しています。記事や写真等のコンテンツ、データなどは、私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。私的利用の範囲を超えるご使用の場合は、当社の承諾が必要な場合があります。

〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-7-6
TEL:044-980-0505(代表) FAX:044-980-1515
総合お問合わせ:info@aetjapan.com URL:http://www.aetjapan.com