大 中 小 文字サイズ
| ログイン|English

HOME > ソフトウェア  > CST  > 

プレスリリース

2018年1月8日 Darmstadt(独)発

CST STUDIO SUITE 2018リリース

CSTは同社のフラッグシップ電磁界シミュレーションソフトウェアCST STUDIO SUITE 2018のリリースを発表しました。

CST STUDIO SUITEはシステムと部品の設計、解析、最適化を電磁界領域で行う電磁界シミュレーションソフトウェアとして業界の主要企業に使用されています。CSTの掲げるコンセプト”Complete Technology”に基づき、ひとつの画面ですべての計算機能の操作が可能です。バージョン2018では、前バージョンで高評価を受けたハイブリッド手法による総体的なシステムシミュレーションがさらに推し進められています。

CST STUDIO SUITEの特長のひとつに、それぞれ異なる計算機能が用いられる複数のシミュレーションを繋ぎひとつの解析手順とするSAM(System Assembly and Modeling)機能があります。アセンブリ機能が改善されたバージョン2018では、複雑なモデルに向けて最適化された3D環境のもと、複数部品からのシステム構築がこれまでより効率的に行われます。これをさらに補完する手法として、電磁界と回路のコシミュレーションに新機能が導入されました。また、時間領域計算とIntegral Equation計算のカップリングを双方向で行うためのHybrid Solver Task機能を導入し、ハイブリッドシミュレーションを大きく前進させています。

生体電磁界シミュレーションについては、これまで独立した製品として提供されていたvoxel poserツールを統合し、CST STUDIO SUITEのモデリング過程で画面から直接操作できるようになりました。四面体メッシュを用いた人体モデルにより、医療機器設計で重要な呼吸の正確な再現が可能になります。

クロスカップリングフィルターの設計と結合行列の計算のためのCSTツールFilter Designer 3DがCST STUDIO SUITEの最適化機能にリンクされました。最適化機能を通して結合行列計算にアクセスし、フィルターのチューニングを洗練された手法により迅速に行うことができます。

成長著しいフォトニックとテラヘルツ分野への応用に向けて、新しいインターフェイスが導入されました。このインターフェイスは光学系の機能へのダイレクトアクセスを提供すると共に、従来の周波数ベースのシミュレーションに加えて波長ベースのシミュレーションを可能とします。多層基板の遠方界を計算する機能も加えられ、複雑な基板にプリントされたアンテナのシミュレーションやフォトニック応用の利便性が増しています。

ソフトウェアのコア機能は最新のハードウェアに最適化されています。CST STUDIO SUITEはDassault Systèmes 3DEXPERIENCEプラットフォームに導入され、他のSIMULIAツールにリンクします。

新バージョンのご利用について

保守契約を結ばれているお客様は以下のURLから新バージョンをダウンロードしていただけます。
https://www.cst.com/support

Update 2018 Tehnology Highlights Webinarなど、新バージョンに関する詳細は以下のURLをご参照ください。
https://www.cst.com/2018

CST STUDIO SUITE 2018ハイライト

全般

  • Assembly Modeler(3Dシステムビューワ付属)
  • 人体シミュレーション用voxelモデル姿勢制御ツールの統合
  • 人体の呼吸モデル
  • Hybrid Solver Task: 時間領域計算とIntegral Equation計算の双方向結合
  • Nastran表面メッシュのインポート
  • Drude空間マップモデル
  • 多層基板の遠方界計算

Filter Designer

  • 最適化機能にダイレクトリンク
  • ダイプレクサ設計

トランジェントソルバー

  • SPICE回路を3D集中定数素子としてインポート

Integral Equationソルバー

  • 特性モード解析: 誘電体に対応

粒子運動

  • 3Dトランジェント電磁界と回路のコシミュレーションによるPIC計算とWake Field計算

Interference Task

  • Radio Library

EDA/マルチフィジックス

  • CST PCB STUDIOからCST MPHYSICS STUDIOへのカップリングによるPCB熱解析
(本資料はCSTのプレスリリースをAETが抄訳したものです。)
プレスリリース詳細については、以下のURLをご参照ください。
https://www.cst.com/company/news/press-releases/2018-01-08-cst-studio-suite-release

このサイトの記載内容の著作権は株式会社エーイーティーまたは情報提供者に帰属しています。記事や写真等のコンテンツ、データなどは、私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。私的利用の範囲を超えるご使用の場合は、当社の承諾が必要な場合があります。

〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-7-6
TEL:044-980-0505(代表) FAX:044-980-1515
総合お問合わせ:info@aetjapan.com URL:http://www.aetjapan.com