大 中 小 文字サイズ
| ログイン|English

HOME > ソフトウェア  > CST  > PRODUCTS > CST BOARDCHECK

CST BOARDCHECK

EMC/SIルールチェッカー

CST BOARDCHECKは、多様なファイルフォーマットで使えるEMC/SIルールチェッカーです。Cadence Allegro、Mentor Graphics、図研のCADデータやODB++フォーマットデータを読み込み、それらにEMCまたはSIルールを適用して、違反箇所を検出します。CST BOARDCHECKはEMSATをカーネルとしています。

CST BOARDCHECKでは、EMCに重要な意味を持つネットやコンポーネントについて、I/Oネットや電源/グラウンドネット、デカップリングキャパシタなどのタグを付け、チェックを実行します。 プログラムはEMC設計ルールまたはSI設計ルールに則り、ひとつひとつのネットについてルール違反の有無をチェックします。 ルールチェックにより検出された違反箇所は、グラフィカル表示画面やHTMLドキュメントで確認できます。

CST BOARDCHECKのGUI:EMCルール違反表示画面

電子機器の高速化に伴いEMI/EMCコンプライアンスはますます重要性を増しています。ルールチェッカーは、コンプライアンスにつながる要件の順守を、設計サイクルの初期段階で診断します。

プリント配線基板では、クリティカルネットとI/Oネット、コンポーネントなどの配置がEMCパフォーマンスのベースとなります。
複雑な多層基板でそのすべてを手作業でチェックするのは、膨大な手間と時間がかかるうえに、人為的ミスの可能性が残ります。CST BOARDCHECKは、タグ付けされたネットとコンポーネントをルールに則り綿密にチェックすることにより、ワークフローを加速化するとともにミスを防止します。

EMCルール違反の例:リファレンスプレーンをまたぐネットをハイライト表示

このサイトの記載内容の著作権は株式会社エーイーティーまたは情報提供者に帰属しています。記事や写真等のコンテンツ、データなどは、私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。私的利用の範囲を超えるご使用の場合は、当社の承諾が必要な場合があります。

〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-7-6
TEL:044-980-0505(代表) FAX:044-980-1515
総合お問合わせ:info@aetjapan.com URL:http://www.aetjapan.com