コネクタ

高電圧ブッシングの静電界シミュレーション

CST EM STUDIOの静電界ソルバーによる高電圧ブッシングのシミュレーション事例です。

医療用X線管の静電界シミュレーション

X線管の破壊電界をCST EM STUDIOでシミュレーションした事例です。CADからインポートしたSTEPモデルを使用します。

電子銃の連続荷電粒子シミュレーション

ピアス型電子銃のシミュレーション例です。電気的サイズの大きいモデルをCST PARTICLE STUDIOで解析します。

マイクロ波プラズマ源

小型マイクロ波プラズマ源のシミュレーション事例です。電界分布を計算し、インピーダンスマッチングとプラズマの均質性の最適化を試みます。

SAR - 球体ファントムモデル

人体をファントムモデルで模擬することがあります。人体頭部を標準の球体ファントムで表現した事例です。

MEMS コームセンサ

MEMS コームセンサの解析事例です。コームチップの形状による応力の違いを確認します。さらに構造全体のシミュレーションを行います。

HUGO人体モデル

HUGOは解剖学的データに基づく人体組織データセットです。CST STUDIO SUITE のダイアログで組織を選択してインポートし、医療応用やSARの解析に使用することができます。

ICパッケージのシミュレーション

標準的なICパッケージの寄生効果を解析した事例です。CST MW STUDIOはクロストークや信号遅延の解析を周波数領域と時間領域で行います。解析により求めたSパラメータと等価なRLC回路モデルを抽出する機能を備え、その回路モデルを使用して論理回路シミュレーションを行うことができます。

シグナルインテグリティ: 多層基板のシミュレーション

シグナルインテグリティ問題に関連して、多層基板の測定結果とCST MW STUDIOによるシミュレーション結果を比較した事例です。

フェライトを付加した導波管アンテナ

フェライトを付加したアンテナについて、CST MW STUDIOでモデルを作成しシミュレーションを行いました。実機による測定結果と照合し、相関が取れていることを確認しました。

RJ45 コネクタのシグナルインテグリティ問題

North East Systems Associates(米、マサチューセッツ)による RJ45 コネクタのシミュレーション事例です。 Pro/E®からインポートしたRJ45コネクタモデルをCST MW STUDIO時間領域ソルバーで計算します。計算したTDR波形を測定結果と比較しました。

コプレーナウェイブガイドの左手系波動伝搬

CST MW STUDIOを使用してSRR (Split Ring Resonators )のモデリングとシミュレーションを行った事例です。SRRと連結され、信号とグラウンドを結ぶワイヤによって周期的に励起されるCPWの左手系伝搬波が、インダクタに似た特性を示します。CST MW STUDIOでシミュレーションを行い、論文のデータと良く一致する結果を得ました。

人体頭部と MRI コイルの電磁界/SAR 計算

RFヘッドコイルで励起される4ポート構造(11.7T / 500MHz )と高精細人体モデル(HUGO)による、均一磁場とSARの解析事例です。この事例はXavier Hanus氏と共同研究者(CEA Saclay, 仏)のご厚意と許諾を得て掲載します。

凹型コレクタのシミュレーション

Rijnhuizen自由電子メーザー(FEM)に用いられるマルチステージ凹型コレクタの解析例です。許諾を得て、Pulsar PhysicsのシミュレーションをCST PARTICLE STUDIOで再現しました。(M.J. de Loos, S.B. van der Geer, Pulsar Physics, Nucl. Instr. and Meth. in Phys. Res. B, Vol 139, 1997.)

DNG(Double Negative)材質のモデリング

誘電率と透磁率が共に負であるDNG材質の解析事例です。CST MW STUDIOの分散材質モデルを使用してシミュレーションを試み、モデルの有効性を確認しました。

光ピンセットの電磁界シミュレーション

光領域における近傍界分布を計算した事例です。論文”Theory of Nanometric Optical Tweezers&dquo; by Lukas Novotny, Randy X. Bian, and X. Sunney Xie, Physical Review Letters, Volume 79, No. 4, 28 July 1997. に基づき、金属オブジェクトと誘電体オブジェクトにDrude 分散材質プロパティを定義し、シミュレーションを行います。

高電圧用絶縁体の準静電界近似シミュレーション

CST EM STUDIO の準静電界ソルバーの事例です。高電圧用絶縁体表面の電界を計算し、静電界ソルバーの計算結果と比較します。

多層パッケージのSI解析

CST Dadence Linkを利用してCadence(R) Allegro(R)からインポートした多層パッケージのシグナルインテグリティ(SI)を解析した事例です。CST MW STUDIOとCST DESIGN STUDIOを使用する標準的なワークフローの設定とシミュレーションをご紹介します。シミュレーション結果と測定結果の比較も行っています。

GIS(ガス絶縁型開閉装置)のシミュレーション

50HzでGISを解析した低周波解析の事例です。Pro/E(R)からインポートしたモデルデータに三相のソースを定義してシミュレーションを実行し、三相導体の電流分布を得ました。

落雷のモデリング

航空機への落雷を模擬したCST MW STUDIO時間領域シミュレーションの事例です。励起信号波形を二重指数関数で定義し、雷の波形信号として使用します。

人体頭部と手と携帯端末のシミュレーション

SAMファントムのような人体頭部モデルを使用する携帯端末のシミュレーションは現在では日常的に行われ、端末の性能を確認すると同時に、SAR基準コンプライアンスのチェックのために使用されています。とはいえ電磁界に大きな影響を及ぼすのは頭部だけではありません。Sony Ericsson製の携帯端末について、CADインポートモデルにSAMファントムの頭部と手を組み合わせて、現実的な使用状況を模擬した事例です。

シミュレーションを活用した高速マルチピンコネクタの設計フロー

バックプレーン用コネクタERmet zeroXTの設計フローの事例です。いくつもの設計ステージにCST MW STUDIOのシミュレーションを用いて、基本的な設計パラメータの定義や通信システム全体の特性の予測を行いました。

システムインパッケージ(SiP)の時間領域解析

CST MW STUDIO時間領域ソルバーによるSiPモデルの解析事例です。Sパラメータと電磁界分布を計算するほか、10GHzと20GHzとノイズ信号を入力してシステム応答を評価します。また実装基板を含むシミュレーションにより、基板の影響を確認します。

QNSコネクタの電力定格シミュレーション

IMS Connector Systems によるコネクタの開発事例です。電力定格に関連する熱シミュレーションを電磁界と熱のコシミュレーションにより行い、結果を測定結果と比較しました。本事例はIMS Connector SystemsのRoland Baur氏のご厚意と許諾により掲載します。

携帯端末のアンテナ性能

電気通信分野の開発設計は、消費者の要求に応えようと努力を重ねる間に長足の進歩を遂げました。シミュレーションはその設計フローで重要性を増し、アンテナレベルに留まらず環境レベルにおいても不可欠なツールとなっています。本事例では携帯端末設計の各段階においてシミュレーションと測定を行い、結果を比較しました。

肝臓のRF温熱切除療法における温度の影響

肝臓がんの温熱療法を人体モデルとカテーテルモデルで模擬し、人体組織内部の加熱を計算した事例です。時間領域ソルバーを使用して電磁界分布を計算した後、熱ソルバーを使用して誘導電流を熱源とする熱シミュレーションを行います。

実用的なMCLL構造の解析

Teraspeed Consulting Group LLCのScott McMorrow、Steve Weir両氏によるプレゼンテーションのスライドです(CST 5th North America Userforum, 2008)。MLCC構造を効率良くモデル化してシミュレーションを行い、計算結果を測定結果と比較します。(英語)

多層基板のクロストークシミュレーション

今日の基板設計では、トランジスタを高密度に集積し、モデムのスイッチング周波数がGHz帯を超えています。帯域幅要求が増えるとインターコネクトの電気特性によってディジタル信号の伝搬品質が頭打ちになるなどの影響を受けます。また、信号の乱れにより不要な電磁干渉が増大し、EMC問題が生じる可能性があります。複雑な多層基板についてシミュレーションと測定を行った事例の要約をご紹介します。

アナログ/ディジタル多層基板の3次元シミュレーション

ミックスドシグナル多層基板の結合問題に関する事例です。Alvarion, Ltd.(Tel-Aviv、Israel)のご厚意と許諾を得て掲載します。測定困難な問題をシミュレーションによって解決した好例です。

SMAコネクタのSI解析と等価回路

物理的な手法に基づきSMAコネクタの等価回路モデルを抽出した事例です。多層基板の上面にはんだ付けされたコネクタについて、シミュレーションソフトウェアを使用してSパラメータを計算し、等価回路を抽出します。これを使用して回路レベルのシミュレーションを行い、フルウェイブシミュレーションの結果と比較します。(英語)

MRI検査の診療技士が受ける磁場の影響

MRI検査の診療技士が受ける影響をシミュレーションにより解析した事例です。傾斜磁場コイルから一定の距離に人体voxelモデルを配置し、CST MW STUDIOの時間領域ソルバーを使用して計算を行います。(英語)

自動車の乗客が受ける400MHz電磁波の影響

自動車に使用されるトランスミッタは、電磁波とEMCの両方の点で乗客の健康と安全を脅かす可能性があります。自動車EMCに関する指令(2004/104/EC)によって自動車メーカーは、EMCを損わない周波数、電力、アンテナ位置を明確に示すように要求されています。TLMソルバーを使用したオートモティブ シミュレーションの事例をご紹介します。(英語)

電波暗室のモデリング

設定を工夫することによりシミュレーション時間の95%削減に成功した電波暗室の解析事例です。電波暗室の解析は元来非常に困難なタスクであり、Spiegel社の技術者も結果精度不足と解析時間の長さに悩んでいました。CST MICROSTRIPESの開発者との共同作業により、フェライト材質の吸収体を境界条件によってモデリングすることにより、メッシュサイズを15倍にし、計算時間を劇的に短縮することに成功しました。同じセットアップによる物理テストを行い、ほぼ一致する結果が得られました。

抵抗スポット溶接ガンの3次元電磁界シミュレーション

抵抗スポット溶接ガン(RSWG)の3D電磁界モデルを作成してシミュレーションを行い、等価回路パラメータを抽出した事例です。この種の溶接ガンではパラメータを確定するのが容易ではありません。トランスや電子コンバータであれば電気特性は既知であるか、未知であっても標準的な手順で測定できますが、ガンのパラメータは知られておらず測定も困難です。3次元電磁界シミュレーションを使用してこれらのパラメータを確定し、システムの特性を知ることができます。

STPケーブルのクロストーク

CST CABLE STUDIOでシールドツイストペアケーブルのモデリングとシミュレーションを行った事例です。まず完全なソリッドシールドを基準としてブレードケーブルの品質を測り、次にシールド無し、弱いシールド、高品質シールドの三種類のツイストペアケーブルについて、それぞれクロストークを計算します。測定結果との比較検証が可能なシミュレーションのリアリスティックなセットアップについて説明します。

プリント基板のシグナルインテグリティ解析

CST PCB STUDIOによるシグナルインテグリティ(SI)解析をご紹介します。レイヤスタックアップの定義とモデリング機能について説明しています。SI解析に必要な送受信にはIBISモデルを使用します。IBISモデルの使用により回路に負荷を作成する手間が省け、シミュレーション設定の省力化と共に精度向上を図ることができます。

6~18GHz・20W進行波管アンプの電子銃

すべての荷電粒子の応用は電子銃から始まります。電子銃のなかでDC電力はビームに変換され、ビームはさまざまな電磁構造との間で相互作用を起こします。CST PARTICLE STUDIOのTrackingソルバーによる電子銃の解析と設計例をご紹介します。

非破壊検査用磁気誘導機器の3D静磁界解析

強磁性体材質ロープの非破壊検査に使用する磁気誘導機器の設計に、3D静磁界解析を利用した例をご紹介します。(英語)

プラズモン ナノアンテナのシミュレーション

論文"Comparison of electromagnetic field solvers for the 3D analysis of plasmonic nano antennas" by Johannes Hoffmann, Christian Hafner, Patrick Leidenberger, Jan Hesselbarth, Sven Burger, Proc. SPIE Vol. 7390, pp. 73900J-73900J-11に基づくナノアンテナのシミュレーションです。直径 80nm の金材質の球を二つ並べ、その間の僅か 1nm の間隔に生じる電磁界分布を時間領域と周波数領域でそれぞれ計算しました。どちらのソルバーでも、論文に記載された基準解(半解析解)とほぼ一致する結果が得られました。

プリント基板のシグナルインテグリティとパッケージ設計

Avago Technologies, Inc. のZ. Shen氏によるプレゼンテーション(Innovations 2009 workshop series)。オプティカル トランシーバーシステムにおけるASICチップ間の高速伝送の解析事例です。(英語音声:28分)

進行波を利用した全身MRIシステムの解析と設計

OvG University MagdeburgのTim Herrmann、Johannes Mallow両氏によるプレゼンテーション。非侵襲の検査方法であるMRIの検査確率を高めるために、標準的な磁場 (1.5T-3T)より強力な7Tという超高磁場(UHF)システムが構築されています。超高磁場で問題となるB1磁場不均一の解決策として採用された進行波の概念に基づき、全身MRIシステムの解析と実測が実施されました。(英語)

高速伝送用マルチピンコネクタ実装における基板のVIAの影響

基板の多極コネクタについて、ピン挿入孔のビア長が高速伝送に与える影響をCST MW STUDIOで解析します。解析の結果、長いビアはクロストークを誘発することが判明しました。また、ビア断面の電磁界フィールドの観察で多くの寄生的な電磁界が存在することも確認し、その影響を最小にするプリント基板のデザインルールを制定する成果をあげることができました。(英語)

MRI用RFコイルの設計

Max Delbrück Center (MDC)の超高磁場施設では核磁気共鳴画像法(MRI)に用いるRFコイルの設計にCST MWSを利用しました。形状サイズをパラメーター化したコイルモデルとITISが提供する人体モデル“Virtual Family“を組み合わせて解析を行い、磁界分布とSARに対して最適なコイル形状を求めました。(英語)

CST MWSによる可視化、明確化、最適化@Hirschmann

Hirschmannは10Gbpsまでの産業用イーサネット機器を提供しています。CST MWSを使用して信号品質、クロストーク、EMC関連問題を考慮した信号経路を解析し、高速インターフェイスの品質を作用するビア、スタックアップ、その他のパラメータなどの影響を特定した解析事例をご紹介します。(英語)

LHM Split Ring Resonators(SRRs)における後進波伝搬

スプリットリング共振器(SRRs)の密配列構造は電磁波結合効果によってジャイロトロピックな双異方性媒質の特性を示す、との論文に基づく解析例です。特定周波数範囲において負の屈折率を示すSRRs媒質の内部で後進波が伝搬する様子を、CST MW STUDIOのシミュレーションで観測しました。

近接センサーへの理解を深める - Microdul

Microdul AGは、離れた場所からでも検知が可能な近接センサチップを製造しています。環境からの干渉と正常なスイッチング動作の判別を確実に行うセンサーを目的として解析が行われました。

歯科医療用レントゲン装置のコストダウン設計 - Sirona

Sironaは臨床歯科分野で幅広いソリューションを提供しています。口腔内X線装置の開発では高電圧部の位置決めが重要なポイントです。SironaはCST EM STUDIOを使用して最適点を効率よく検出し、試作回数や時間を大幅に短縮することに成功しました。(英語)

Kuバンド進行波管

進行波管の電磁界・電子運動解析を行った事例です。電子銃はChild則に従い、電子を遅波構造に入射します。遅波構造内で電子が発散しないように周期的永久磁石(PPM)で集束磁界を発生させ、また、遅波構造の電磁界特性は固有値解析により得ています。PICによる時間領域の電子の挙動をシミュレーションした結果、信号の増幅は46.5dBとなりました。(英語)

24kV SF6ガス絶縁リングメインユニットにおける開閉器の静電界シミュレーション

電力工学分野の応用事例として、ABB(ABB Distribution, Skien, ノルウェー)[1]の中電圧向けSF6ガス絶縁リングメインユニット負荷開閉器のシミュレーションをご紹介します。本事例のCADモデル画像は、ABB社(ABB, Bad Dättwil, スイス)のご厚意により掲載します。

航空機燃料システムの電磁モデル

EADS Innovation Worksによる航空機燃料システムのシミュレーション事例です。給油時のタンク充填率をモデリングする内製コードの開発に関連して、CST EM STUDIOの静電界ソルバーを使用したシミュレーションとコードによる計算を行い、結果を比較検証しました。

WiFi干渉問題:マグネトロンと電子レンジの解析

マグネトロンと電子レンジの設計をCST STUDIO SUITEの解析モジュールによるシミュレーションで支援します。CST PARTICLE STUDIOによる相互作用領域の解析に続いて、CST EM STUDIOで静電磁界の評価を行い、さらにCST MW STUDIOで電子レンジ内部の電磁界分布を評価、最後にCST MPHYSICS STUDIOで温度と変形に関わる考察を行います。

結合差動マイクロストリップ伝送線路における高速伝送信号の電気特性

結合差動伝送線路を伝搬する高速信号の電気特性を解析した事例です。モード分解解析をベースとしてシングルエンドの入射損失におけるキャンセル周波数を説明し、閉公式を立てて共振周波数を予測します。また感度解析を行い、ソルダーマスク層と差動マイクロストリップ形状がキャンセル周波数におよぼす影響を観測しました。

高速基板のパワーインテグリティ解析 CST PCB STUDIO

CST PCB STUDIO(CST PCBS)による高速基板のパワーインテグリティ シミュレーションをご紹介します。静的な解析(IR-Drop)と高速パワーインテグリティ解析(デカップリングコンデンサを考慮して基板のインピーダンスを低減する)を行います。

車載マルチメディア機器のEMC対策と最適化 - Continental

ContinentalによるCSTソフトウェアを使用したEMC設計の事例です。シミュレーションによりパラメータの意味や関連性を明らかにすることは製品開発にさまざまなメリットがあります。たとえばバーチャルプロトタイピングでは繰り返しのループ回数が減少し、開発期間を短縮するとともにNREコストを削減できます。また、シールディングやフィルタといったノイズ対策部品無しで要求水準の達成が可能なことがシミュレーションで確認できれば、部品表の項目を削減でき、PCB領域の節約にもつながります。EMCを開発工程における設計パラメータのひとつと捉えることで、最先端のアーキテクチャの導入が可能となり、技術革新とともにコスト削減と品質向上を進めることができます。

航空機のHIRFのモデリング

E3 (electromagnetic environmental effects)は電子機器の誤動作や故障の原因になります。高強度放射電界HIRF(High Intensity Radiated Fields)はそのひとつです。TV局、ラジオ局、レーダや衛星通信システムが発する電磁波がHIRFとなり、航空機の電子機器の安全を損なうおそれがあります。航空機が受ける影響を、CST MW STUDIO(CST MWS)でシミュレーションすることができます:表面電流と電磁界分布を計算し、シールドした構造への結合を予測することができます。

強電機器の電極:モデリングと最適化

本事例では、スイッチギヤに使われる電極の最適化計算をご紹介します。この解析は基本絶縁レベル(BIL:Basic Insulation Level)テストを模擬することを目的とし、静電界ソルバーで電界を計算します。

MRI装置の3D磁場シミュレーションとスピン応答シミュレーション

最新のMRI装置の設計では、人体とMRIコイルの相互作用が新たな課題となります。装置が生成する均一な磁場は、内部構造が複雑で不均質な人体によって乱されます。スキャン領域の電磁エネルギーは人体に吸収され、有害な発熱作用を起こすおそれがあります。このような作用の効果を測定するのは難しく、測定不能な場合も珍しくありません。本資料では、上記の効果を特定する方法として、コイルと人体モデルを使用した3Dシミュレーションによる数値解析を提示し、その要点と課題を説明します。

高性能カスタムフィルタの開発 - Test Equipment Plus

Test Equipment PlusはSignal Hound®ブランドのスペクトラムアナライザを開発している米国の会社です。次世代機の開発過程で、大きなコストの上乗せをせずにプロ仕様のスペクトル分光を達成する必要に迫られていた同社は、CST MW STUDIOの導入によりそれを実現しました。

ヒートシンクの熱モデル

ヒートシンクは電子システムの能動機器と受動機器に発生した熱を周辺環境に逃がす働きを担います。熱流と熱分布を計算し可視化した事例をご紹介します。CST MPHYSICS STUDIOでは定常熱と過渡熱、どちらのシミュレーションも実行できます。

パッケージの設計時間を短縮する - eASIC

eASICは単一マスク適応ASIC™(Single Mask Adaptable ASIC™)専門のファブレス半導体企業です。さまざまな応用分野で顧客の要望に応じたカスタム集積回路を提供しています。これを円滑に行うため、特に新製品の開発段階で要望に的確に対応するためには、設計製造の工程自体が迅速でコスト効率が良くなくてはなりません。eASICはCST MW STUDIOの導入により望み通りの工程を構築しました。

解剖学的人体モデルによるインプラントアンテナの評価

解剖学的人体モデルを使用したシミュレーションによりインプラントアンテナの性能評価を行った事例です。精緻な人体モデルの使用により、簡易モデルでは得られない正確なデータが得られます。

トランス負荷時タップ切替装置の誘電破壊シミュレーション

通常は設置時まで行えないシステム全体の試験を、シミュレーションで模擬することができます。CST EM STUDIO の静電界シミュレーションで、トランスやタップリードが電界強度に及ぼす影響を調べました。

電源トランスの最適化 - Siemens AG

さまざまな要求仕様や応用のそれぞれにカスタマイズされたソリューションを提供すること。それがSiemens Energy T TR PN の使命です。ファーネストランスやコンバータトランス、あるいは200MVAを上回るレーティングの高電圧直流トランスに定型のソリューションはありません。設計ごとにトランス設置の最適化を行う必要があります。CST EM STUDIO の3D 電磁界シミュレーションと最適化機能がカスタムソリューションの導出を支援します。

メタマテリアルのアンテナ - Kymeta

Kymetaはメタマテリアルベースの衛星通信用ビーム形成アンテナの開発に携わる米国企業です。会社設立の当初からCSTソフトウェアを使用しています。CST STUDIO SUITEを使用して、コストと消費電力を抑制しながら、小型で軽量なアンテナを開発しています。

EMCテストチェンバーの解析 - Airbus Defence and Space

電磁両立性(EMC)の試験は電波暗室で行われます。軍事請負企業を顧客とするAirbus Defence and Space製品の試験はMIL-STD-461規格に準拠して実施されます。この規格にはテストチェンバーのセットアップも含まれ、電波吸収体の選択やワークベンチの配置、システムの接地などが細部にわたって規定されています。電波暗室での試験は被試験装置(DUT)の使用期間が制限されるため、設計や設定をさまざまに試すことが困難な場合が少なくありません。このような理由からAirbus Defence and Spaceは電磁界シミュレーションによるバーチャルプロトタイピングによって試験を補完することを考えました。

コンポーネントの設計ワークフローを半自動化 - Apollo Microwaves

Apollo Microwavesは衛星通信や無線通信に使われるマイクロ波部品の大手サプライヤです。Apollo Microwavesは製品開発における類似タスクの繰り返しをCST STUDIO SUITEの最適化機能によって半自動化しました。負担が軽減された技術者にシステム全体に関心を向ける余裕が生まれ、将来の通信システムに向けたコンポーネントの開発と製造への取り組みが可能になりました。

レールホイールセンサの設計 - Frauscher Sensor Technology

Frauscher Sensor Technologyは1987年以来、高品質な誘電センサ関連製品の開発と製造に携わってきました。なかでも鉄道運行の安全性に責任を負う信号システムと制御システムのセンサに力を入れています。鉄道信号装置は最高レベルの安全基準をクリアする必要があるため、シミュレーションではセンサの性能を損なうおそれのあるものすべてを考慮に入れ注意深く行う必要があります。これをクリアするためFrauscherは設計プロセスにCST STUDIO SUITEの電磁界シミュレーションを導入しました。

BepiColomboアンテナの設計 - Airbus Defence and Space

BepiColomboは水星探査を目的とするESA(欧州宇宙機関)とJAXA(宇宙航空研究開発機構)のジョイントミッションの名称です。Airbus Defence and Space(Airbus DS)はESA側の主契約者としてこのミッションに参加しています。水星オービタに搭載される複数のアンテナシステムの性能が太陽光パネルや計器類によって損なわれることのないように、綿密なシミュレーションが行われました。

プロトタイプビルドをシミュレーションでリプレイス - Convergentia

Convergentia(Oulu、フィンランド)は家電業界を中心とする世界中の顧客企業に向けてバーチャルプロトタイピングのソリューションを提供する世界初のバーチャルビルド ファクトリーです。セル、Wi-Fi、GPSの三つの方式の無線システムのそれぞれにアンテナが必要とされるポータブル電子機器について、物理的なプロトタイピングをバーチャルプロトタイピングに置き換えることにより工程数の削減と部品開発時間の短縮に成功しました。

DC-DCコンバータのEMIシミュレーション

LG Display発表による、DC-DC Booster回路で発生するEMIノイズ源のモデリング事例です。EMIノイズを定義して回路のモデリングを行い、ノイズ源を抽出、検証します。抽出されたリンギングとリンギングのFT結果がEMIをよく表現することを明らかにしています。(日本語メモ付)

プラズマ発光装置の設計 - マルチフィジックスによるアプローチ

CST STUDIO SUITEのマルチフィジックス シミュレーションを活用した、プラズマ発光装置の設計事例をご紹介します。この装置はISM帯の2.45 GHzで動作します。空洞と給電システムについて高周波シミュレーションを行い、設計の電気、磁気、熱、機械それぞれの特性をテストします。

富士ゼロックス株式会社様 - デジタル複合機のEMC対策設計にCST STUDIO SUITEを採用

1962年創立の富士ゼロックス株式会社(Fuji Xerox Co., Ltd.)はドキュメントサービス&コミュニケーションの領域におけるリーディングカンパニーです。最新のデジタル複合機には多くの電子部品が組み込まれ、互いに干渉し、電磁両立性(EMC)問題を起こす可能性があります。また、静電気放電(ESD)によって部品の性能が損なわれるおそれがあります。問題の背後にあるメカニズムをよりよく理解し、有効な対策を講じるために、富士ゼロックスはCST STUDIO SUITEによるEMシミュレーションを行うことにしました。