パッケージ

ICパッケージのシミュレーション

標準的なICパッケージの寄生効果を解析した事例です。CST MW STUDIOはクロストークや信号遅延の解析を周波数領域と時間領域で行います。解析により求めたSパラメータと等価なRLC回路モデルを抽出する機能を備え、その回路モデルを使用して論理回路シミュレーションを行うことができます。

多層パッケージのSI解析

CST Dadence Linkを利用してCadence(R) Allegro(R)からインポートした多層パッケージのシグナルインテグリティ(SI)を解析した事例です。CST MW STUDIOとCST DESIGN STUDIOを使用する標準的なワークフローの設定とシミュレーションをご紹介します。シミュレーション結果と測定結果の比較も行っています。

システムインパッケージ(SiP)の時間領域解析

CST MW STUDIO時間領域ソルバーによるSiPモデルの解析事例です。Sパラメータと電磁界分布を計算するほか、10GHzと20GHzとノイズ信号を入力してシステム応答を評価します。また実装基板を含むシミュレーションにより、基板の影響を確認します。

多層基板のクロストークシミュレーション

今日の基板設計では、トランジスタを高密度に集積し、モデムのスイッチング周波数がGHz帯を超えています。帯域幅要求が増えるとインターコネクトの電気特性によってディジタル信号の伝搬品質が頭打ちになるなどの影響を受けます。また、信号の乱れにより不要な電磁干渉が増大し、EMC問題が生じる可能性があります。複雑な多層基板についてシミュレーションと測定を行った事例の要約をご紹介します。

プリント基板のシグナルインテグリティとパッケージ設計

Avago Technologies, Inc. のZ. Shen氏によるプレゼンテーション(Innovations 2009 workshop series)。オプティカル トランシーバーシステムにおけるASICチップ間の高速伝送の解析事例です。(英語音声:28分)

ヒートシンクの熱モデル

ヒートシンクは電子システムの能動機器と受動機器に発生した熱を周辺環境に逃がす働きを担います。熱流と熱分布を計算し可視化した事例をご紹介します。CST MPHYSICS STUDIOでは定常熱と過渡熱、どちらのシミュレーションも実行できます。

パッケージの設計時間を短縮する - eASIC

eASICは単一マスク適応ASIC™(Single Mask Adaptable ASIC™)専門のファブレス半導体企業です。さまざまな応用分野で顧客の要望に応じたカスタム集積回路を提供しています。これを円滑に行うため、特に新製品の開発段階で要望に的確に対応するためには、設計製造の工程自体が迅速でコスト効率が良くなくてはなりません。eASICはCST MW STUDIOの導入により望み通りの工程を構築しました。