高性能コンピューティング

シミュレーションのパフォーマンスは、ソルバの計算を必要とする未知の数に大きく依存します。 当面の問題に対しソルバーを適切に設定しても、直接的なシミュレーションが非常に高い計算リソースと非常に長いソルバ時間を必要とする状況や、完全に失敗する状況が常にあります。

これには、正確なモデリングのために非常に多くのメッシュセルを必要とする複雑で電気的に大規模なシステムの全波シミュレーションや、非常に高密度な荷電粒子を含むデバイスのセル内シミュレーション、多数の変数にわたるシステムのパラメータスイープと最適化が含まれます。

このように複雑なシミュレーションをより実用的にするために、CST STUDIOSUITE®は、シミュレーションパフォーマンスを向上させる複数のハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)方法をサポートしています。

CSTソフトウェアでHPCを使用するには、柔軟なアクセラレーショントークンの概念が適用されています。アクセラレーショントークンはライセンスの一部として購入することができ、状況に応じてトークンを使用してさまざまなHPCオプションにアクセスし組み合わせることができます。 たとえばトークンは、1回の実行で使用すると、クラスター内の緊密に連携している複数のコンピューターを使用して、単一のマシン(MPI)で処理するには大きすぎるシミュレーション問題を解決し、次の実行で複数のマシンのパラメータスイープのシミュレーションを分散し、パラレル(DC)実行する為に使用することができます。

お客様のニーズに最適なハードウェアとアクセラレーション技術の選択が、時として難しい場合もあります。 CSTのハードウェアエキスパートは、さまざまなハードウェア構成で提供されるモデルを使用してベンチマークを実行し、特定のハードウェア構成を決定する際にお客様が自信を持って決定できるようお役にたてることをうれしく思います。大規模な投資(完全なコンピュータクラスタなど)の場合、ベンチマーキングは、お客様のご希望されるハードウェアベンダーのテストセンターと協力して実行することもできます。