大 中 小 文字サイズ
| ログイン|English

HOME > イベント  > CST USER GROUP MEETING

イベント

ユーザーグループミーティング CST UGM 2018

CST STUDIO SUITE 2018の新機能のご紹介を始め、ユーザー様による事例発表、弊社及びCST社技術スタッフによるツール活用術など、最新情報をご提供いたします。

【日時】 2018年05月18日(金)
プログラム10:00 ~ 17:15 (受付:9:30~)
懇親会17:50~
【会場】 東京コンファレンスセンター・品川 5F   アクセスマップ
JR品川駅港南口(東口)より徒歩2分
(JR山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、東海道新幹線等)
懇親会:THE DAD BOD 品川店
スタッフが懇親会会場までご案内いたします。
【参加費】 無料( 昼食をご用意いたします )
【お申込方法】当社Webより (5月14日(月)受付終了)
※ 「CST STUDIO SUITE」をお使いのユーザー様のみご参加いただけます。
【 協賛 】
HPCシステムズ株式会社
GDEPソリューションズ株式会社
ダッソ―・システムズ株式会社
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社
【午前の部】 
10:00-10:05開会のご挨拶
10:05-10:45
「自動車産業界における電磁界シミュレーションのトレンド
Electromagnetic Simulation for Tomorrow’s Vehicles」(遂次通訳)
CST GmbH, Dr. Matthias TRÖSCHER
詳細はこちら 電子部品や組込システムは、とりわけハイブリッド・電気自動車、自動運転、V2X通信への本格的な取り組みに伴い、その重要性が高まっています。本プレゼンテーションでは、自動車産業界のトレンドと挑戦の事例を解説し、バーチャルプロトタイピングとシミュレーションの価値をデモンストレーションします。
10:45-11:45
「CST STUDIO SUITE 2018 新機能のご紹介」
株式会社エーイーティー 安永 高志
11:45-13:15昼食サポートセンター(12:00~)
【午後の部】EMC/EMI/EDAMW/RF
弊社スタッフがご質問やご要望を承ります。
お気軽にお立ち寄り下さい。
ランチセッション
12:45-13:00
「GPUを利用した計算インフラのトレンド」
GDEPソリューションズ株式会社
営業部 部長 牛木 威志 様
ミニセッション
14:30-15:00
「CST PARTICLE STUDIO 2018の新機能」
株式会社エーイーティー 菅野 浩一
15:00-15:30
「マイクロ波デバイスの放電を解決!ーSPARK3Dの概要と新機能ー」
株式会社エーイーティー 菅野 浩一
13:15-13:45
ユーザー事例紹介
「デュアルモードチョークのインダクタンス解析と伝導ノイズ低減検討」
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 電機システム技術部 磁気応用G 白木 康博 様
ユーザー事例紹介
「CST MW STUDIOを用いた金属人工構造のテラヘルツ波応答解析」
東京大学 大学院理学系研究科附属 フォトンサイエンス研究機構 助教 小西 邦昭 様
13:45-14:15
ユーザー事例紹介
「EMC評価技術における電磁界シミュレーションの活用」
地方独立行政法人 神奈川県立産業技術総合研究所 電子技術部 電磁環境グループ 菅間 秀晃 様
ユーザー事例紹介
「5G antenna array OTA testing」
ローデ・シュワルツ・ジャパン株式会社 T&M営業本部 ビジネス・セグメント アプリケーションエンジニア 山口 雅史 様
14:15-14:30休 憩
14:30-15:30
「2018 update EMC/EMI application & workflow overview」(遂次通訳)
CST GmbH, Dr. Ilari Hänninen
「2018 Updates for MW/RF: Filter Design & Antenna Arrays」(遂次通訳)
CST GmbH, Dr. Theunis Beukman
15:30-16:00
「2018 update EDA application & workflow overview」(遂次通訳)
CST GmbH, Dr. Klaus Krohne
「Antenna Design for Connected Home Multimedia Device」
株式会社エーイーティー 上沢 彰洋
詳細はこちら 昨年11月に実施された同タイトルのeSeminarのご紹介となります。
こちらでは製品開発を念頭においた様々な制約条件下でのアンテナ設計(自身でアンテナエレメントを設計するメリット、アンテナ配置検討、モデリングの自動化など)におけるCSTツールの有用性について議論しています。
16:00-16:15休 憩
16:15-16:45
「高速シリアル伝送チャンネルの設計と特性評価 SerDes Channel Design and Characterization」(遂次通訳)
CST GmbH, Dr. Klaus Krohne
詳細はこちら PCI Express 高速差動伝送チャンネル(PCB, コネクタ)の設計・特性評価方法を解説します。CST VIA Winzard、PCB STUDIO、MW STUDIO、DSシングルエンドから差動への回路変換、IBISバッファ励振&Eye Diagramツール、など様々な機能を駆使して一連のSerDesチャンネルのモデリングとシミュレーションのワークフローをご覧いただきます。
「周波数領域ソルバー入門 - 時間領域ソルバーご利用の皆様へ -」
株式会社エーイーティー 大舘 康彦
詳細はこちら 普段MW STUDIOの時間領域ソルバーをご利用のMW/RFユーザーの皆様へ、周波数領域ソルバーの概要をご案内いたします。
周波数領域ソルバーが得意とする解析対象、四面体メッシュの調整、ソルバー設定など、既にご活用の方にも参考として頂けるTipsをご紹介いたします。
16:45-17:15
「車載EthernetのEMCシミュレーション」
株式会社エーイーティー 田原 啓輔
詳細はこちら 自動運転に象徴される近代的な自動車では、電子システム間で取り扱うデータ量の増加に伴って高速なデータ伝送が求められるようになります。
車載Ethernetは、自動車内の標準的な高速インタフェースの候補となる有力なテクノロジーです。
車載Ethernetの伝導/放射エミッションやBCIのシミュレーション事例をご紹介いたします。
「はじめてのI/A-Solver」
株式会社エーイーティー 上沢 彰洋
詳細はこちら MWSの各ソルバーは共通化されたモデリング環境のもとで容易に切り替えて利用できることが魅力のひとつですが、実際に使用とすると幾つかの壁が存在するのも確かです。
今後、利用の機会が増すと考えられるI/A-Solverについてその概要や先ずは知っておくべき点についてご案内いたします。
17:50-19:20懇親会
* プログラムは予告なく変更となる場合があります。

問合せ先

株式会社エーイーティー  UGM担当
E-mail: aetevent@aetjapan.com  TEL: 044-980-0505

このサイトの記載内容の著作権は株式会社エーイーティーまたは情報提供者に帰属しています。記事や写真等のコンテンツ、データなどは、私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。私的利用の範囲を超えるご使用の場合は、当社の承諾が必要な場合があります。

〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-7-6
TEL:044-980-0505(代表) FAX:044-980-1515
総合お問合わせ:info@aetjapan.com URL:http://www.aetjapan.com