お問い合わせ | サイトマップ | ログイン | English

文字サイズ 小 中 大
HOME > ハードウェア >  高周波プローブシステム > プローブステーションシステム

プローブステーションシステム

AGPS501-002

構成品一覧

プローブステーションのシステム構成品は、自由な組み合わせによりユーザー仕様に合わせてカスタマイズが可能です。キーサイト・テクノロジー社製ネットワーク・アナライザとプローブステーションをセットでご購入の場合は、特別セット価格でご提供いたします。また、構成品単体でのご購入も可能です。
各構成品の詳細な仕様に関しては詳細ページをご覧いただくか、弊社までお問合せください。

標準セットプローブステーション
真空ペンと真空ポンプ
オプションネットワーク・アナライザ(キーサイト・テクノロジー社製)
高周波プローブ lZl Probe(カスケード・マイクロテック社製)
アクティブ差動プローブシステム用プローブ針とプローブアンプ
(キーサイト・テクノロジー社製)
4端子法DC測定針(タングステンニードル)
防振台(卓上タイプ・デスクタイプ)
仕様

型式:AGPS501-002

周波数 プローブ仕様による

[プロービングステージ]

測定テーブル 可動(粗調整)
 X:固定 Y:125mm(スライド式) Z:アップダウン式
可動(微調整)
 Z:±6.5mm(目量10μm) θ:±5°
測定テーブルサイズ:最大255mm x 100mm
測定サンプルサイズ:190mm x 100mmまで

[マイクロポジショナー]

ポジショナー可動(微調整) X:±6.5mm Y:±6.5mm Z:±6.5mm (目量10μm) θ:±3°
ポジショナーテーブル可動 X:105mm Y:52.5mm (2.5mm毎ラチェット固定) Z:固定

[プローブ]

種類エアーコプレーナプローブ、セミリジットプローブ、差動アクティブプローブ

[実体顕微鏡]

オリンパス製 倍率: 0.67~4.5X ズーム比: 6.7 作動距離: 110mm 接眼レンズ: WHSZ10 x -H

[真空吸引]

真空ポンプ(別置き) 到達真空度:-33.3kPa{-250mmHg} 吐出空気量:5l/min
定格電圧:AC100V(50/60Hz) 消費電力:15/14W 電流:0.35/0.3A
  定格時間:連続
真空吸引ペン パッド径:φ6mm 吸引できる重さ:最大94g

[プローブステーション 本体サイズ]

寸法と重量 600mm(幅) x 400mm(奥行) x 550mm(高)  27kg

真空ポンプ真空ペン

オプション構成品

ネットワーク・アナライザ  キーサイト・テクノロジー社製

キーサイト・テクノロジー社製の全てのネットワーク・アナライザと組み合わせることができます。
ネットワーク・アナライザに関する詳しい情報は、以下のページをご参照ください。

アジレント・テクノロジー社ロゴ ※株式会社エーイーティーはキーサイト・テクノロジー合同会社とソリューションパートナー契約を締結しています。

高周波プローブ lZlProbe カスケード・マイクロテック社製

lZlProbeはカスケード・マイクロテック社の登録商標です。
株式会社エーイーティーは、カスケード・マイクロテック株式会社のビジネスパートナーです

>> 高周波プローブの詳細ページへ

アクティブ差動プローブシステム用プローブ針とプローブアンプキーサイト・テクノロジー社製

マイクロポジショナーにアクティブ差動プローブを設置

汎用オシロスコープ・プローブは手に持って操作するタイプが多いため、ハンドプロ-ビングで高周波測定を高精度に行うには限界がありました。弊社では13GHzのシステム帯域幅をもつアクティブ差動プローブ(キーサイト・テクノロジー社製)をマイクロポジショナーに取り付けることで、ハンズフリーで行えるアクティブ差動プローブシステムを構築。DSPやCPUが搭載された回路基板のプロービング測定も簡単かつ安定して行えるようになりました。

N5445Aブラウザヘッド
■ 高速差動プローブ InfiniiMAXⅢ+シリーズ N7001A
InfiniiMax III/III N5445A(30 GHz)プローブヘッドはAETのプローブステーションへ固定可能です。
Z軸コンプライアンスおよび20ミル~ 125ミル(0.5 mm ~ 3.1 mm)の可変間隔により、差動信号の汎用トラブルシューティングに最適です。
信号チップ間の間隔は、ブラウザのサムホイールで容易に調整できます。
キーサイト・テクノロジー社ロゴ ※株式会社エーイーティーはキーサイト・テクノロジー合同会社とソリューションパートナー契約を締結しています。

防振台 卓上タイプ

特長
  • 1次元/3次元の防振性
    1次元方式の防振方向性は垂直方向(Z)のみ、3次元方式の防振方向性は水平2方向(X/Y)と垂直(Z)の3方向です。
  • 3ヶ所の給排気弁
    ハンドエアーポンプでエアーを供給した後、搭載盤前面の3ヶ所の給排気弁でエアーを調節し、搭載盤を最適な高さまで浮上させます。また、同様に水平レベルも簡単に調節できます。
仕様
型式ABSDT0607-1D
(1次元タイプ)
ABSDT0607-3D
(3次元タイプ)
固有振動数Z方向 1.5~3.0HzXY2方向 1.0~2.0Hz  Z方向 1.5~3.0Hz
防振方式一次元空気バネ三次元空気バネ
制振方式オリフィスによる
エアー供給方式手動式エアーポンプ
水平維持3ケ所の給排気弁による手動調整
搭載盤の上面
(1か2を選択)
1 ロンリュウム貼り*(着磁不可)
2 ステンレス鋼板(着磁性)
搭載盤処理ハイダンピング処理
(有無を選択)
ハイダンピング処理
(標準)
本体枠処理ハイダンピング処理
(有無を選択)
ハイダンピング処理
(標準)
搭載可能重量70kg
本体脚部ゴム製高剛性インシュレータ
付属品 ハンドエアーポンプ1本 

* ロンリュウム・・・塩化ビニールを主材としており着磁不可。搭載盤上の機器の滑り止め効果有。

防振台 デスクタイプ

特長
  • 1次元/3次元の防振性
    1次元方式の防振方向性は垂直方向(Z)のみ、3次元方式の防振方向性は水平2方向(X/Y)と垂直(Z)の3方向です。
  • 3ヶ所の給排気弁
    マニュアル式:ハンドエアーポンプでエアーを供給した後、3ケ所の給排気弁でエアーを調節し、搭載盤を最適な高さまで浮上させます。同様に水平レベルも簡単に調節できます。 オート式:外部空気源からエアーを供給し、オートレベルセンサー(3ケ所)で自動排気し、搭載盤の高さと水平レベルを調節します。
仕様
型式ABSDSK0607-1D
(1次元タイプ)
ABSDSK0607-3D
(3次元タイプ)
固有振動数Z方向 1.0~2.0HzXYZ3方向 1.0~2.0Hz
防振方式一次元空気バネ三次元空気バネ
制振方式オリフィスおよびユニバーサルシステム*による
エアー供給方式
(1か2を選択)
1 マニュアル式:手動式エアーポンプによる
2 オート式:エアーコンプレッサ、 工場エアーなど(圧力は0.3~最大0.5MPa必要)
水平維持
(1か2を選択)
1 マニュアル式: 3ケ所の給排気弁による手動調整
2 オート式: 集中排気型オートレベルセンサーによる自動排気
(クリーンルームでの設置も可能。)
搭載盤の上面
仕上げ/加工
ステンレス鋼板(着磁性)SUS-410・5t無塗装/無加工
搭載盤の材質および構造高密度スチールハニカムベンチ
搭載盤の寸法800mm(幅)×600mm(奥行き)
搭載可能重量130kg
本体寸法860mm(幅)×710mm(奥行き)×650mm(高さ)
本体重量120kg
付属品ハンドエアーポンプ1本

*ユニバーサルシステムとは球面に稼動する二重振り子の原理を応用した制振方式です。


このサイトの記載内容の著作権は株式会社エーイーティーまたは情報提供者に帰属しています。記事や写真等のコンテンツ、データなどは、私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。私的利用の範囲を超えるご使用の場合は、当社の承諾が必要な場合があります。

〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-7-6
TEL:044-980-0505(代表) FAX:044-980-1515
総合お問合わせ:info@aetjapan.com URL:http://www.aetjapan.com