お問い合わせ | サイトマップ | ログイン | English

文字サイズ 小 中 大

INP

加速器とイオン源の設計ツール::INP

INPは加速器とイオン源の設計用ツールです。ラプラス、ポアソン、ブラソフ方程式を有限差分法で解きます。空間電荷効果、プラズマ境界モデルを考慮したイオン源の解析が可能で、主に2次元用プログラムAXCEL-INP、3次元用プログラムKOBRA3-INP、磁場解析用プログラムMAGNET-INP、インターフェースプログラムなどに分かれています。

プログラム

■AXCEL-INP
粒子源やビームトランスポートの2次元計算をします。ECRイオン源やレーザーイオン源を含む陽イオン源の解析や電子銃の解析を行います。
■DOT-INP
定常・非定常2次元熱解析をします。
■KOBRA3-INP
粒子源やビームトランスポートの3次元計算をします。任意の非対称な形状や任意の磁場を設定可能。異なる電荷を同時に記述できます。陽イオン・陰イオンに関するプラズマモデルや二次電子に関する設定も可能。
■MAGNET-INP
Biot Savart法による2次元磁場の計算をします。出力はAXCEL-INPやKOBRA3-INPに最適です。

インターフェースプログラム

■DXF2KOB3
DXFを通したCADプログラムとKOBRA3-INP間のインターフェース
■MAG2KOB3
MAGNET-INPとKOBRA3-INP間のインターフェース
   カタログ
KOBRA3-INP
1,989KB

このサイトの記載内容の著作権は株式会社エーイーティーまたは情報提供者に帰属しています。記事や写真等のコンテンツ、データなどは、私的利用の範囲内で使用し、無断転載、無断コピーなどはおやめください。私的利用の範囲を超えるご使用の場合は、当社の承諾が必要な場合があります。

〒215-0033 神奈川県川崎市麻生区栗木2-7-6
TEL:044-980-0505(代表) FAX:044-980-1515
総合お問合わせ:info@aetjapan.com URL:http://www.aetjapan.com