高周波測定サービス

  • 高周波測定
  • 高周波測定
  • 4ポートベクトルネットワークアナライザによるミックスモード・差動Sパラメータ測定
  • ベクトルネットワークアナライザによるSパラメータ測定(~50GHz)
  • コプレーナプローブによる測定、TEGの作成と測定。
  • スペクトラムアナライザによる測定(23GHz)
  • Sパラメータからインダクタンス、キャパシタンスの算出。
  • LM、LRM法に基づくキャリブレーションモジュール、テストフィクスチャの作成

主要計測器

  • Keysight N5230A 20GHz 4ポートネットワークアナライザ
  • Keysight E8364B 50GHz ネットワークアナライザ
  • Keysight E4407B 26.5GHz スペクトラムアナライザ
  • Keysight E4991A インピーダンスアナライザ

インピーダンス測定例


AET社製プローブステーション
製品詳細ページへ
カスケード・マイクロテック社製プローブ
製品詳細ページへ

プローブステーションにエアコプレーナ・プローブを装備し、マイクロストリップラインのインピーダンスを測定しました。

測定機器

  • 機器:プローブステーション(AET社製AGPS501) 製品詳細ページへ
  • 測定対象:マイクロストリップライン 長さ30mm
  • FR-4基板、 厚み0.2mm
  • 測定周波数:300MHz
  • 校正:キャリブレーションキット
  • 測定プローブ:エアコプレーナ GSG(カスケード・マイクロテック社製) 製品詳細ページへ
  • インピーダンスアナライザ:E4991A(キーサイト・テクノロジー社製)

校正

キャリブレーションキットを用いてopen/short校正を行い、プローブヘッドの針先端を測定の基準面とします。

インダクタンスの算出例

(例1)

測定例:Zo=R+jX(Ω)
300MHzの時   Zo=0.223+j18.2899(Ω)  Z(im)=jωL
インダクタンス  L=18.2899÷(2×π×300e+6) =9.71nH

(例2)

測定例:Zo=G+jX(Ω)
300MHzの時   Zo ≒ 0.00021−j150(Ω)   Z(im)=1⁄jωC
キャパシタンス C=1÷(150×2×π×300e+6)=3.53pF

応用

  • スパイラルインダクタのインピ-ダンス測定
  • PCB 内蔵キャパシタ薄膜誘電体
  • RFIDアンテナ
  • ICパッケージ、メモリの浮遊容量測定
  • ディスク、磁気ヘッド  など

システム構築

インピーダンス測定サービスだけでなく、お客様のご要望にあったインピーダンス測定用システムの構築も行っています。

システム構成

  • プローブステーション(AET社製)
  • インピーダンスアナライザ(キーサイト・テクノロジー社製)
  • 各種プローブ(カスケード・マイクロテック社製)
  • キャリブレーションキット(AET社製、カスケード・マイクロテック社製)
アジレント・テクノロジー社ロゴ
※株式会社エーイーティーはキーサイト・テクノロジー合同会社とソリューションパートナー契約を締結しています。
インピーダンスアナライザなどの各種計測機器も特別価格にてご提供します。