E3

落雷のモデリング

航空機への落雷を模擬したCST MW STUDIO時間領域シミュレーションの事例です。励起信号波形を二重指数関数で定義し、雷の波形信号として使用します。

航空機のHIRFのモデリング

E3 (electromagnetic environmental effects)は電子機器の誤動作や故障の原因になります。高強度放射電界HIRF(High Intensity Radiated Fields)はそのひとつです。TV局、ラジオ局、レーダや衛星通信システムが発する電磁波がHIRFとなり、航空機の電子機器の安全を損なうおそれがあります。航空機が受ける影響を、CST MW STUDIO(CST MWS)でシミュレーションすることができます:表面電流と電磁界分布を計算し、シールドした構造への結合を予測することができます。

富士ゼロックス株式会社様 - デジタル複合機のEMC対策設計にCST STUDIO SUITEを採用

1962年創立の富士ゼロックス株式会社(Fuji Xerox Co., Ltd.)はドキュメントサービス&コミュニケーションの領域におけるリーディングカンパニーです。最新のデジタル複合機には多くの電子部品が組み込まれ、互いに干渉し、電磁両立性(EMC)問題を起こす可能性があります。また、静電気放電(ESD)によって部品の性能が損なわれるおそれがあります。問題の背後にあるメカニズムをよりよく理解し、有効な対策を講じるために、富士ゼロックスはCST STUDIO SUITEによるEMシミュレーションを行うことにしました。