大規模解析

コンパクトなアンテナのシミュレーション

電気的サイズの大きいアンテナの解析事例をご紹介します(この事例の設計データと解析結果は仏・Chelton Antennas のご協力とご好意により掲載します)。CST MW STUDIO 時間領域ソルバーの優れたメモリ効率により、直径20波長におよぶ大型アンテナのシミュレーションが実行可能となります。

広帯域ホーンアンテナ

デュアルリッジホーンは広帯域利得の測定基準として広く使用されています。 SatimoのデュアルリッジホーンアンテナをCST MW STUDIO でモデリングとシミュレーションを行った事例をご紹介します。電気的サイズが大きいアンテナの解析ではCST MW STUDIO 時間領域ソルバーの効率の良さが活きます。1回のシミュレーションから高分解能の広帯域結果が得られます。この事例はSATIMO(伊)のご厚意と許諾により掲載します。

スキントレスXバンドホーンアレイアンテナ(96素子)

96放射素子からなるXバンドホーンアレイアンテナの解析事例です。全長2.4mのアンテナ全体構造のシミュレーションをCST MW STUDIOで行いました。平行して同じ構造の実機を作製して測定を行い、結果を比較しました。

衛星搭載アンテナの広角放射分布を効率よく解析する

Thales Alenia SpaceのMarcello Zolesi氏によるプレゼンテーション。欧州の地球観測用 低軌道衛星(Low Earth Orbit:LEO)の管制機能(TT&C)用アンテナを題材に、広角のアンテナ放射分布を解析した事例をご紹介します。(英語)

Xバンド円偏波スプラッシュプレートアンテナの設計におけるCST MWSの活用

円偏波スプラッシュプレートアンテナの設計において、CST MWSとTICRA POS & GRASPを共同活用した事例。まずCST MWSを使ってスプラッシュプレートを設計し、GRASPフィードファイル抽出マクロから遠方界パターン情報を出力した後、この情報をTICRA POSに取り込んで、フィードの位置とリフレクタの形状を最適化します。最終的にCST MWSとGRASPそれぞれでアンテナのパフォーマンスを計算し、実測データと比較した結果、CST MWSでは360度にわたってローレベルまでの一致が確認できました。最終的なアンテナパターンは、CST MWSで精度の良い計算を実現できます。(英語)

BepiColomboアンテナの設計 - Airbus Defence and Space

BepiColomboは水星探査を目的とするESA(欧州宇宙機関)とJAXA(宇宙航空研究開発機構)のジョイントミッションの名称です。Airbus Defence and Space(Airbus DS)はESA側の主契約者としてこのミッションに参加しています。水星オービタに搭載される複数のアンテナシステムの性能が太陽光パネルや計器類によって損なわれることのないように、綿密なシミュレーションが行われました。

気象観測ロケット用デュアルバンドアンテナ

気象観測ロケットは主に高高度実験のために開発され、教育機関や低コストの研究に多用される比較的小型のロケットです。搭載するアンテナは、軽量、コンパクトで全方位性であることが求められます。また、どこかに引っかかったりしないようにロケットと一体化させる必要があり、この点が設計を難しくしています。本資料ではENSEIRB-MATMECA(Bordeaux Institute of Technology)のグループが手がけたCST STUDIO SUITEによるアンテナの開発をご紹介します。