MPIコンピューティング

分散コンピューティングとは対照的に、Message Passing Interface(MPI)コンピューティングでは、InfiniBand®などの高速で低レイテンシの相互接続を備えた専用の高性能コンピュータクラスタが必要です。しかし、MPIコンピューティングが提供する高速化のメリットは膨大であり、単一マシンの限界を超える非常に大きなモデルをシミュレーションする唯一の方法です。

MPIコンピューティングではシミュレーションモデルは複数のドメインに分解され、ワークロードはクラスタ内のノード間で分割されます。 各ドメインの計算は独立していないため、クラスタコンピュータはシミュレーションドメイン間で大量のデータを転送する必要があり、専用の高性能インターコネクトを必要とします。
MPIコンピューティングは、現在、過渡ソルバー、積分方程式ソルバー、およびウェイクフィールドソルバーによってサポートされています。 トランジェントソルバーを使用することで、MPIコンピューティングとGPUコンピューティングを組み合わせることができ、互換性のあるクラスターでのパフォーマンスがさらに向上します。